『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
☆お知らせ☆

お家を建てました

490063279_R.jpg

祝!2012年新築&引越し記念CG!!
powered by まゆげちゃん ←マジ神絵師

画面解像度 1920×1200推奨。
各カテゴリーへの移動は左側からどうぞ。

↓各種RX-8ネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事  ★【RX-8】 オーディオ記事  ★【RX-8】 内外自家塗装

ここ数ヶ月分の記事は一覧に反映できてないんで直接第1章内のカテゴリー又は第2章内のカテゴリーに飛んでください。


↓新型(BL3FW)MSアクセラネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【MSアクセラ】 各種整備記事

【MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章】への移動はこちらから→ http://namazur.blog46.fc2.com/


ブログランキング参加中!下の画像を押すと幸せになれます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の関連記事はこちら↓

けいやく!
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-257.html

間取り計画。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-266.html

外観と地盤補強工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-269.html

基礎、配筋工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

躯体工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-274.html

ペントハウス撮影。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-272.html

小さい屋根 そして旭化成の営業さんの話。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-276.html

水槽部屋とかリビングのテレビとかガラス張りの風呂とか。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-277.html

玄関とか電子錠とか給水ヘッダー。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-278.html




俺アニヲタ。大工さんもアニヲタ(違っ)


某日、大工さん達に差し入れを持って挨拶しつつ工事の進捗を見て回っていると…
DSC01928_R.jpg
肉食系真希波に…


地上波版とは打って変わってデレデレのアスカ…。
DSC02035_R.jpg

なぜかうちの現場でエヴァキャンペーン始動しててワロタwww

なんかSEGAのゲーセンでやってたキャンペーンみたいですね。
もう終わっちゃってるみたいですけど。


これ、アレですね。
もし大工さんが施工をミスったら俺がグラサンして両手を口の前で組んでアゴ支えながら


「フッ、問題ない」


って言っとけば良いフラグ立ったね。


あまりにもひどいようなら100ボルトの被覆剥いて大工さんに当てて感電させつつ大声で、


『バスタアァーーッ!! コレダアァーーーーーーーーーッ!!!』




部屋の間仕切り工事が始まってた。


寝室には石膏ボードが山積みです。
DSC01930_R.jpg
つーか寝室明るすぎる…。
こんなに明るいと電動シャッターのスイッチ押した瞬間、太陽光にやられる。(精神的に)


赤枠内には寝室用テレビを設置。
DSC01932_R.jpg
なんか旭化成のキャンペーンで付いてきた。46インチの3Dブラビアらしいです。
ベッドに横になりながら見たいので高めの位置に角度を付けて壁掛け金具を使用して設置します。
テレビのONタイマーを使って目覚ましがわりにできそうです。


ちなみに上の画像の黒い板みたいなのは防音板。
DSC01935_R.jpg
3.4ミリ程度のゴム版のようなものです。


え、なんで寝室に防音板入れてるんだって?


いやいやいや、アレですよ? 違いますよ?
ただ単にこの裏側がトイレってだけです…。(トイレ周辺には標準で防音処理が施されます)


寝室の天井。
DSC01931_R.jpg
もうロックウールが敷き詰められています。
左上の青丸はダウンライトが入る為に切断された天井を支える部材(正式名称不明)です。


ウォークインクローゼット内の階段下収納部分。
DSC01929_R.jpg
前回は仕切りがありませんでしたが色々作りこまれていってます。
なんかハンガーバーとか色々付くみたいです。(嫁が手がけてる部分なので興味なし)


子供部屋。(え?あるの?)
DSC01937_R.jpg
はい、二部屋も…。(ちなみに奥に写ってる小部屋は納戸)
画面中央に映ってるのは二部屋の丁度中間部分の仕切りです。
でもこの子供部屋、完全には分断されていません。
将来的に子供が一人になるのか二人になるのかまだ分からないんでこんな感じに一部分(ドアのとこだけ)にしか仕切りは入れていません。
一部屋として広く使うか、部屋の間に後付の仕切り収納なんかを入れて二部屋にして使うか…。
ある程度柔軟性をもたせた部屋づくりをしています。

またこの子供部屋のドア上部にはらんまを採用しました。

風通しを求めて?
採光を求めて?
ドアを閉めてても各部屋の繋がりが欲しいから?

いや、『なんか珍しいから』 

うちは図面上で「SP」と表記される特注工事が特に多いんですがこのらんまも特注です。
でも特注だからと言って値段が高くなるものばかりではないんですよ。
この特注もらんま分ドアの高さが低くなるのでその分価格は相殺されていたと思います。(うろ覚え)


光り輝くサンバランスセキュリティーステッカー。
DSC01946_R.jpg


玄関ドアを室内側から。
DSC01950_R.jpg
この床扇風機がある辺りには造り付けの下駄箱が入ります。
フルトールタイプと呼ばれるもので床から天井まで、抜群の収納力があるものです。(傘立てとスリッパ掛け内蔵)
あと全身が見えるタイプの鏡も付きます。

当初はこの下駄箱、フルトールより短いもので空中に浮いた感じで設置できるものを選んでいたんです。
しかも浮かした下部には蛍光灯の間接照明も入れ込む予定でした。
しかし旭化成の家具カタログを見てるとフルトールの収納力が凄くてですね…。
傘立て内蔵ってのはレベル高いですよ。玄関が散らかりませんから。




2階。


お風呂の中に嫁がヨダレ垂らして欲しがってるホシ姫サマが届いてた。
DSC01963_R.jpg
折角なんでリモコンタイプではなく壁スイッチタイプです。


脱衣所の天井。
DSC01966_R.jpg
ここにホシ姫サマがビルトイン!! (収納時は天井面とツライチです)
某ヘーベル建築ブログで「ビルトインタイプのホシ姫は高さがあり天井に収まらないので取り付け不可」との記述があったのですが
実際は何の問題もなく取り付け可能でした。


この脱衣所は北側なんだけど…
DSC01971_R.jpg
マジ明るい。
逆に1階はこれよりも窓のサイズが全然広いのに暗い。
やっぱ時代は2階リビング(水周り)でしょう…。


って思いながら写真撮ってたら風呂場にいた嫁が「ヴェアッ!!(これ見て!の意)」と奇声をあげた。
振り返ると…、
DSC01970_R.jpg
人工大理石の浴槽にキズ入ってるやんけwww

交換かな?
補修かな?
爪に引っかかる感じがないぐらい浅い傷だから補修かなぁ…。


ここは洗面所脇の収納スペース。
DSC01972_R.jpg
なんか棚とか入ってタオルとか置けるらしい。(嫁がやってるところだから興味なし)


前回は剥き出しだった24時間セントラル排気システム。
DSC01974_R.jpg
撮影中もどんどん石膏ボードが貼られていく…。(大工さん、邪魔してごめんなさい)


キッチン後ろの嫁の家事部屋兼パントリー。
DSC01984_R.jpg
大工さんが造り付けの机を取り付けてる最中だった。

この旭化成の「造り付け家具」って恐ろしく高いです。(当然値段が)
当初はこの机の上にもチョロっとした収納を付けようとしてたんですけど、


うちの営業が言うには20万円でした。  だからやめた。


でもうちの営業さんが言ってたことなんで…ちょっと信用出来ないですけどね…。




木工事が始まるとあっという間に現場の光景が変わっていきます。
次回は外周りとか見てみましょうか。
過去の関連記事はこちら↓

けいやく!
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-257.html

間取り計画。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-266.html

外観と地盤補強工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-269.html

基礎、配筋工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

躯体工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-274.html

ペントハウス撮影。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-272.html

小さい屋根 そして旭化成の営業さんの話。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-276.html

水槽部屋とかリビングのテレビとかガラス張りの風呂とか。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-277.html




ようこそ。


後ろに足場がある為引きの画が撮れなかったんですが…。
DSC01882_R.jpg
玄関扉は2枚タイプです。


こんな感じでパタン、
DSC01883_R.jpg


パタンと。
DSC01881_R.jpg


ドアの内側にはこんなポスターが貼ってありました。
DSC01875_R.jpg


ご安全にッ!!
DSC01876_R.jpg


工事の方にはホント気を使ってもらっています。
DSC01879_R.jpg


ゴミの分別表。
DSC01878_R.jpg
25品目とかキチガイすぎワロタwww


玄関キーは電気錠なのでヒンジからは配線が引き込まれています。
DSC01880_R.jpg
ノートPCに配線が繋がった怪しいカードにキスをして玄関のカードリーダーに差し込んで
「よーし、いい子だァ… オーケー、いいぞ…来い、来い…ッ」なんて言いながらキーボードを無意味にカチャカチャやって
エンターキーをこれ見よがしに『ッターン!!』て押して「ビンゴ…!」って言うと鍵が開きます。


そんな苦労して鍵開けても…
DSC01886_R.jpg

なんか玄関狭くね?!



1階徘徊。


1階トイレ。
DSC01889_R.jpg
黄色いフタがしてあるのは排水口。
その両脇にある青いチューブはおしりを洗う温水便座用の塩素が含まれてる水道水と、うんこを流す用の井戸水。
井戸水なんでどんだけうんこしまくって流しまくっても水道代はタダです。
みなさんもうちに寄った際は是非うんこをしていって下さい。


宅内電気配線の分岐部。
DSC01888_R.jpg
電線をかしめて樹脂に漬け込んで密封したものです。
配線類は全て工場で作られたものが送り込まれてきており、現場で採寸・切断する必要はありません。
現場での工事は基本、配線を宅内に引き回し末端部にスイッチやコンセントを付けるのみです。


1階の床下点検口。現在は換気のために送風機が取り付けられてます。
DSC01890_R.jpg
って、ん?


DSC01891_R.jpg

…。

ちょっと意味分からないですね…。


上に開いてる小さい穴に矢印かなんか差し込んでルーレットみたいにしてグルグル回して
矢印が差した「たまごピータン」又は「たまごチゲドウフ」を食べるんでしょうか…。
それにしても選択肢が少なすぎです。
もっといろんな物食べたほうが良いと思います。栄養偏っちゃいますし。


よく見ると顔が書いてあるレーザー垂直機。
DSC01903_R.jpg
かわいいじゃねーか…。
なんかうちの大工さんは面白いですw


玄関上部。この上にはキッチンがあります。
DSC01892_R.jpg
天井にある細い茶色い管はビルトイン食洗機の排水用。排水が高温なので専用配管なんですよ。
その横のピンクのさや管も同じく食洗機用です。


配管やら配線やら。
DSC01894_R.jpg
黒い配管は排水管。防音のためゴムシートのようなものが巻いてあるのでこんな色をしてます。


給水ヘッダー1
DSC01896_R.jpg
水道水。なんか本数が物凄いです。
ちゃんと1口1口「水槽用水栓」「キッチンセット」等、どこに接続するものなのか記載されています。


給水ヘッダー2
DSC01904_R.jpg
エコキュートからのお湯。


給水ヘッダー3
DSC01895_R.jpg
井戸水。「洗濯流し」ってのは水槽メンテ用のスロップシンクに接続する物です。


1階階段下。
DSC01899_R.jpg
ここは寝室横のウォークインクローゼットと接続された収納スペースになっています。
当初はこの階段下を掘り下げて納戸と接続し半地下収納にする予定でしたが
ウォークインクローゼットと接続したことにより半地下案は消えました。(納戸は隣に移動)
半地下にすることにより床ヘーベル版を省くことが出来るので意外とお金は掛かりません。(ヘーベル版て高いんですよ…)
収納スペース不足に悩んでいる方は是非半地下を採用してみてください。


寝室側から見たウォークインクローゼット。
DSC01898_R_20110924205007.jpg
この右側にさっきの階段下があります。
このウォークインクローゼット、糞広いです。大人が二人寝れるぐらい。
こんなに収納いらないんじゃね?と言ったんですが嫁には必要らしい…。
あと窓1箇所だけじゃ物足りなくね?と言ったんですが嫁は日焼けを気にしてこれだけしか付けませんでした。
最近の窓ガラスってUVカットが標準だしそんなに焼けないと思うんだけど…どうなんスかね?


なんかモッサリした蛾。
DSC01906_R.jpg
寝室の掃き出し窓の枠に付いてた。


次回はいよいよ木工事も佳境!!
色々見て行きましょう。
過去の関連記事はこちら↓

けいやく!
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-257.html

間取り計画。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-266.html

外観と地盤補強工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-269.html

基礎、配筋工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

躯体工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-274.html

ペントハウス撮影。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-272.html

小さい屋根 そして旭化成の営業さんの話。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-276.html




水槽部屋。


以前の記事ではラフスケッチでしたが少しイメージしやすくなってきました。
DSC01857_R.jpg
画面中央の2階床面から立ち上がってる3本の管は水槽換水用の物です。
水道の水とお湯、そして井戸水です。
万が一井戸水が熱帯魚に合わなかったり枯れたりした時の為に井戸と水道水の両方を引いています。


PC部屋側から撮影。
DSC01866_R.jpg
ちなみに画面左側にある三角コーンの右、床面から立ち上がってる塩ビ管は水槽用の排水管です。
当初は開放型の排水管にしようと思っていたんですが洗濯機接続用のトラップ付きの物に変更してます。
万が一、地震などで水槽の濾過槽に大量の水が流れ込んだ場合を想定し常時排水できるようにしました。
つまりトラップが必要なんですよ、常時開放したいとなると。
トラップが付いていないただの立ち上げだけだと下水管から外気が逆流してきてしまうので…。


水槽整備用のスロップシンク。
DSC01858_R_20110916175215.jpg
このスロップシンクのすぐ右側には、現在使用している900と600の水槽が横並びで入ります。
この水槽は1,800の本水槽とは別に繁殖用か海水用に使うかも知れません。


スロップシンクの左側、PCデスクの背面。
DSC01859_R.jpg
ここには4台の屋外監視カメラと夜間用赤外線投光器制御用の配線を通す為にCD管が来ており
監視カメラ用の4ch同時記録ハードディスクレコーダーに接続します。
うちの周辺は治安が悪いっていうのもあるんですが、監視カメラって秘密基地みたいでかっこいいでしょ?だめ?



壁掛けテレビ。


宙に浮いているような見た目のいい「完全な」壁掛けテレビって意外と難しいもんですよね。
だってテレビに付随する家電製品(ゲーム機とかアンプとか)ってどうしてもテレビの近くに置かなきゃならないじゃないですか。


       ______
      /  \    /\
    /  し (>)  (<)\    (でも新築時ならなんとかなるハズ…)
    | ∪    (__人__)  J | 
    \  u   `⌒´   /     
    ノ           \           



って事でやってみました。
DSC01860_R.jpg
左側の緑色の枠内、この部分って躯体の構造上どうしても外せない耐力壁があるのでデッドスペースなんです。
でもリビングソファー目線なら気にならない…ハズ…。
そんな訳でこの中に色々とAV家電を詰め込み、テレビと接続する為のCD管を大量にブチ込みました。

こういう感じにすると赤外線リモコンの受光部が隠れたりしそうですが…まぁ大丈夫でしょう。
PS3や箱○は無線コントローラーだしAVセンターやスカパーHDチューナーはHDMIリンクでテレビ側のリモコンで動かせますし。


おかけでこのAV家電ブチ込みスペースにはこんな感じで大量のCD管がくっつきます。
DSC01861_R.jpg
7.1ch天井スピーカー用の配線とテレビ側に伸びる配線で合計12本ぐらいあったはず…。
1個のボックスに3本のCD管が、余った1個のボックスは100Vコンセントです。
このAV家電ブチ込みスペースにはこの他にもう3個、計8口のコンセントが入ってます。



エロい風呂。


こちらは脱衣所。せめぇ。
DSC01867_R.jpg
しかもこのスペースに洗濯機と洗面台も入る…。
更に天井には嫁のリクエストで電動格納式のホシ姫サマ(竿2本タイプ)がwww


で、上の画像の右側が風呂なんですよ。
DSC01868_R.jpg


丸見えだろwww


風呂が狭いから開放感出そうと思ってフルガラスタイプのドアを入れたんだけどさぁ…。
これって、ホシ姫サマ使ってたら風呂からは洗濯物しか見えなくねwww

風呂は間取りの都合上広く取れない分ちょっと拘りがあったんですよ。
風呂から見える脱衣所の壁紙は特注で驚くべきセンスのものがおごられてますしw (壁紙の詳細は完成後のお楽しみってことで…)
こっちからインテリア担当の方に提案したら笑われましたからねw

あ、で、風呂が広く取れなかった原因は嫁。これ。またしても俺の計画を邪魔してくれる。
この風呂の背面がキッチンと繋がってる嫁専用部屋なんですよ。
当初は嫁スペースなんか無くて風呂と洗面所を糞広くしようとしてたんですけどね…。

でもまぁ、嫁が篭もれる部屋ってのは今後必要になると思いますよ。
ねぇ、ケンカとか…、ねぇ?


風呂の中。一応フルセグの地デジ液晶テレビ+リビングまで引っ張った外部入力対応。
DSC01869_R.jpg
なんかこのテレビはキャンペーンで付いてきた。
実費でワンランクでかいのにしようとしたら20万超えてて諦めた…。


浴槽は人工大理石ブラック!
DSC01871_R.jpg
意外なんですけど標準の樹脂(FRP?)タイプとの差額は大したことありません。(確か諭吉数枚程度)
「人大って高いから…」と諦める前に営業に聞いてみましょう。


【番外編】
DSC01873_R.jpg
セントラル排気システムの本体。
これは今の家には法律で設置が義務付けられているアレです。



次回は玄関とか1階周りを見てみましょうか。

過去の関連記事はこちら↓

けいやく!
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-257.html

間取り計画。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-266.html

外観と地盤補強工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-269.html

基礎、配筋工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

躯体工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-274.html

ペントハウス撮影。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-272.html




屋根の話。


ヘーベルハウスと言えば「四角い」「3階建て」「屋上付き」って感じの外観イメージがあると思いますが
実は屋根付きタイプもあります。

「新大地」と呼ばれているものです。
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/product/daichi/

しかしうちはキュービックモデル+屋上利用なので基本的に屋根がありません。
屋上の大半がまっ平らな陸屋根です。

でもですね、ほんの一部分だけ「屋根っぽいところ」があるんですよ。


これ。
DSC01219_R.jpg DSC01227_R.jpg
以前紹介したペントハウス部分です。
ここは階段が入ってるスペースなのでこんな感じで傾斜のきつい屋根が乗るんですね。


ペントハウスの屋根はこんな感じになっています。
まずは屋根材の下地。
DSC01237_R.jpg
防水シートですね。この上に屋根材が乗ります。


こんな風に。
DSC01460_R.jpg
こちらの屋根材はケイミュー株式会社のコロニアルグラッサと呼ばれるものです。
結構メジャーなスレート屋根材ですが、私はその中でもあまりメジャーではない色「アイスシルバー」を選択しました。
外観をシルバーで統一してるからってのもありますが、やはりシルバーと比較すると黒系は熱を吸収しやすいそうです。
(普通は黒っぽい色を選ぶ方が殆どのようですが)


しかしこの屋根が乗るまでには大変な苦労があったのですよ…。


7月某日…。
へーベルの営業から連絡が入りました。

>「コロニアルグラッサ(屋上ペントハウスの屋根材)が
>震災の影響でご希望色の入荷ができないので変更してください」


うむ、震災の影響なら仕方ない。
でもですね、実は私の担当営業さん。
どうも建築契約締結以降はあからさまに「面倒なことしたくねーオーラ」を出していたんですよ。
今後追々と書いていく予定ですが出来ることを「出来ない!」と言い張ったり
○○の仕様について調べておいて下さいと伝えるといつまで待っても情報を出してこなかったり…。
そんな事が度々続いていたんでこの「震災の影響」についても懐疑心を持っていたんです。


そこで私、自力で屋根材の製造メーカーに問い合わせて調べました。


結果、
ケイミューさん「アイスシルバーは8月から受注再開すると伝えているのですが…」


おいwww


予想通りまたしてもやらかしてくれたよ営業さん。
ちょっとでも面倒な事はすぐに変更させる、これ。
何でもかんでも震災の影響って言えば済むと思ってる、これね。

こっちだって軽い気持ちでなんとなーくシルバーにしたいって感じでは無い訳ですよ。
それを営業は「どうせ下から見えないし…」「シルバーなんてあまり選ぶ方居ないですよ」これね。

ほんとにね、書きだすときりがないけどね、
旭化成の「営業」ってのは最悪ですよ。(営業さん全部がってわけではないと思いますけど…)
たまたま自分だけ(若いから)ナメられてこんな対応取られてるのかなぁ…と。
マジで同時期にトヨタホームで建築中の友人が羨ましいです。

トヨタホームはさすがトヨタだけあって接客も営業も素晴らしいですね。(聞いた話ですけど…)
私はもう二度とないと思いますが今度家を建てるなら絶対にトヨタホームで建てますよw



やっべ、物凄い勢いで脱線しましたね…。
こういう裏情報は引越しが済んで落ち着いてからにしようと思っていたんですが…。
(このブログが営業にバレてギクシャクするのも面倒ですし…)


で、アイスシルバーの屋根です。
営業に再生産のめどが立っていると製造メーカーが言っていたことを伝えると以下のような反応が返ってきました。


>「はいはい、分かりました~。でも破損で交換すると交換部分だけ色変わるかもよ?いいの?ん?」
>って旭化成の購買部が言ってるから覚悟してね~。



と。
べつにねぇ、1枚だけ交換するとかどんな状況だよとw
例としてヒョウや台風とか言ってるけど真っ黒一色よりは全然マシですよ。
全くねぇ、そりゃ営業にとっては山ほどいる客のうちの一人でしょうがこっちは一生に一度の家造りですよ?
妥協する必要のない部分に妥協を求められても困るわけですよ。
ほんとに。


また愚痴になっちゃいましたが上の連絡と一緒にこんな事も言ってました。
(私の担当営業の話なので本当に事実なのかわかりませんが…)

>ちなみに旭化成納品分のコロニアルは一般のコロニアルに耐久性を高める為、
>追加で加工を施しているとの事です。
>それで30年の耐久を出しているとの事でした。


はぁ。←聞き流し
どうも通常販売されているコロニアルグラッサとは違い、
一度旭化成の工場に送り耐候施工(コーティングの吹きつけ?)なんかをしているようです。
へー、ふーん。 ←興味ねぇ

>購買部と色々やり合ってお返事遅くなりました。


最初からやっておけよwww


って感じで…苦労の末アイスシルバーのコロニアルグラッサが乗りました。
DSC01460_R.jpg コロニアルグラッサ カラー変更なし
ん? 以前営業が「屋根小さいから雪止めはいらないですよね~w」って言ってたのに雪止め金具付いてるじゃん…。


その事を写真と共にメールで伝えると…、

>あ、設計担当が付けた方がいいって言ってたんで付けましたwww

…。
この程度の事にはもう慣れちゃってるんで何の感情も湧いてこないですよ。

うん、キレてないですよ!俺をキレさせたら大したもんですよ!


気を取り直して接写。
DSC01486_R.jpg
アイスシルバーのコロニアルの下にある黒い板はスターターと呼ばれるもの。
屋根材の貼り始め、一番最初に貼るものなんですけどこれには元からアイスシルバー色が用意されていません。
だからこんな感じの仕上げになるんですが、まぁ下から見ても全く気付きませんw
つーか屋根自体見えないですからね…。


屋根の下。
DSC01481_R.jpg
内樋と呼ばれる処理で通常の雨樋とは違い外からは見えません。
上の画像では横の壁から塩ビパイプが伸びていますがこれには下に向かう雨樋が接続されます。


ちなみに屋根の端部はこんな処理。
DSC01464_R.jpg
脇に流れ出さないように受け止めているようです。


まぁそんなこんなで…。

旭化成はですね、私の知っている限りでは
設計さんも工事担当さんも物凄く丁寧でキッチリ仕事をこなしてくれてる感じです。
以前も書きましたがほんと、設計さんがしてくれた各種提案は素晴らしいものでした。
そうそう、外構担当の方もいい人でした。
こちらの要望を汲み取った上でいかに安く仕上げられるか散々検討して頂けました。
(それでも旭化成の外構工事は常軌を逸して高いんですけどね…)
保険担当の方もですね、細かい見積もりを何度も作ってくれました。

でもねぇ…営業は…。
そんなに「経験不足」って感じではないんですよ?営業の話を聞くと。
でもねぇ…やっぱり「判子をつかせるテクニック」に関してはピカ一ですが
(ほんとに最初は物凄く丁寧で信頼のおける対応をしてもらっていたんです)
判子を押してからは「ハイッ!俺の仕事終わり~ ありがとやんした さよーならーwww」みたいな対応で…。

また愚痴になりますが、以前リビングのノートPC用にフロアコンセントの設置を提案したんですよ。
ほら、学校の音楽室とかで床に格納できるタイプのコンセントがあるじゃないですか。
800_1131.jpg
こんなの。
壁から電源取るとコードがびろーんとなって見た目悪いですからね。
でもこれを提案したら調べもせず「無理ッス!床にヘーベル版入ってるんで無理ッス!!」 ←超自信満々
その日はあー無理なのかーと思って帰宅したんですよ。


それから数日、ヘーベルの建築ブログを廻っていると…


設置されてるんですよ。
ある方のブログには、ヘーベルなのにフロアコンセントが。


速攻営業に伝えると、


>フロアコンセントについてだけど、2階でも設置可能だってさ。
>でも故障すると一生修理できないよ?
>あと今からやるとなると変更費用が別途かかるから宜しくwww



って感じの連絡ですよ。


コンセントが故障ってどういう状況だよwww

躯体内でコードが発熱して火事にでもなるのか??あ?

それともコンセント格納部分が交換できないとでも言うのか??上から取り付けするのに???

素人だと思って嘘ついてんじゃねーよ○○!!



誰にでも間違いはありますよ。プロを自称してる営業さんでもね?
素直に謝ればいいものをこの言い草ですよw
ほんとにねぇ…。



某ブログサービスでのランキング


【一戸建 旭化成ホームズ 人気ランキング】
http://house.blogmura.com/newhouse_asahikasei/


ここでランキング1位のブログが『アンチヘーベルハウスブログ』ってのが物語ってますよ。

このブログ、当然ヘーベルに決める前に私も見てました。
でもですね「どうせ競合他社がヘーベルを貶めるためにやってるブログだろ?フフン」なんて思ってたんですよ。当時は。
実際は違いましたね。

全くねぇ…。


マジ俺の家造りワロタwww

ワロタ…。

過去の関連記事はこちら↓

けいやく!
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-257.html

間取り計画。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-266.html

外観と地盤補強工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-269.html

基礎、配筋工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

ペントハウス撮影。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-272.html





って訳で1ヶ月ぶりの更新です。


なんか最近忙しくて…。
とりあえず今日は躯体工事の時の画像で記事を書きましょう。


屋上ペントハウス用のドアと窓。
DSC01117_R.jpg
ドアを開けなくてもガラス部分のみが上下に可動するんで風通しが良さそう。


お風呂が入るところ。(ちなみにうちのお風呂は2階)
DSC01121_R.jpg
テレビも付いてます。でもなんか狭く見えるんだけど…。
浴槽は黒の人工大理石でお風呂ドアは全面透明ガラス!!
そう、洗面所からはお風呂が丸見えですwww
あー、可愛い女の子とビックリドッキリハプニングに遭遇してぇ…。


ユニットバス側面の土台。
DSC01122_R.jpg
床(100ミリ厚)や壁(70ミリ厚)とは違うヘーベルパワーボードという薄いヘーベル版が入ってます。
断熱と防音に貢献しているようです。


アンテナ取り付け架台。
DSC01123_R.jpg
うちはアンテナが多いので通常1本のところ2本設置します。


躯体に固定するとこんな感じ。
DSC01158_R.jpg DSC01157_R.jpg
これは2階の天井部分。架台の上部は屋上に貫通しています。


で、これがアンテナ固定用の棒。
DSC01212_R.jpg
アンテナ固定架台にこの2.5メートルぐらいのアンテナ取り付け用の棒をボルト固定。
台風でも安心。


主要な鉄骨。
DSC01164_R.jpg DSC01174_R.jpg
なんか心もとないですよね…。ほんとにこんな華奢な鉄骨で躯体を支えられるんだろうかw


階段。
DSC01169_R.jpg
糞せめぇ。これだから尺モジュールは…。
このおかげで1階からの大型荷物の搬入は不可能。殆どの物をクレーンにて搬入します。
階段は狭いけど色々と驚き装備を追加しました。
引っ越してから詳細を報告しましょう…。


階段固定部。
DSC01167_R.jpg
ボルト締め確認のマーキングが施されています。
「鉄製階段は火事でも燃え落ちないから安全に避難できる!」とか言いますけど、
それほどの火事だったら階段までたどり着けねーだろ…。


1階のちょっと特殊な構造壁。
DSC01171_R.jpg DSC01172_R.jpg
通常は1枚の構造壁に上下1セット、計4個の極低降伏点鋼が入るんですが、この部分には7個も奢られています。
これは他のヘーベルブログでも見たことがない…。
大型水槽を2階に入れてるのでそのせいかも知れません。


1階階段を子供部屋から。
DSC01207_R.jpg
右側手前のベニヤ板がある部分は納戸。階段奥側はウォークインクローゼットと寝室。


1階から階段登りつつ2階に差し掛かる部分。
DSC01208_R.jpg
実はこの部分、階段なのに壁をぶち抜いて水槽が見えるようにしてありますw
結構カッコイイんじゃないかと想像してるんですがどうなんでしょうかね。


その部分を反対側から。
DSC01265_R.jpg
この正面に900と600の水槽、右側に1,800の大型水槽の計3本です。んがぐぐ。


ここに1,800の大型水槽が鎮座。
DSC01209_R.jpg
水槽の奥側が私のPC部屋兼、水槽メンテ部屋になってます。
当然水槽メンテ用のスロップシンクと水槽換水用の専用排水管、水道/お湯/井戸水完備です。
しかもそれらは壁で隔離されるので手前のリビングからは水槽だけしか見えない状態となっています。


キッチン背面の嫁の家事部屋兼パントリーからリビング方向に向けて撮影。
DSC01268_R.jpg
正面は同じく写真撮ってる嫁。嫁がいるところに壁掛けでテレビを設置します。
何もないからアレですけど、キッチンやらなんやら装備が入ると結構狭そうです。
ちなみに2階階段の降り口と登り口には引き戸を設置しており冷暖房効率もUP!


洗面所からリビング方向。
DSC01269_R.jpg
仕切りが入るとこの写真は二度と撮れなくなりますw
私は明るいのが嫌いなんで平日にこんなリビングで朝日を浴びようものならそのまま溶けると思います…。
夜は一転、15灯の全照明を調光制御し薄暗ーい感じで落ち着いてゴロゴロ出来ますw


屋上ペントハウスの柱。
DSC01263_R.jpg
屋根にもネオマフォームが入ってますがそれでも夏は暑いでしょうね…。


全ての窓やサッシには…。
DSC01260_R.jpg DSC01261_R.jpg
搬入日や着荷時間、型式や施主名、住所など細かく記載されています。


玄関ドア。
DSC01278_R.jpg DSC01277_R.jpg
2ロックなので鍵穴が2箇所にあるんですが何故か1箇所には穴が開いていない…。


なぜならばっ!
DSC01281_R.jpg
GOALの電気錠なのでしたー。
キーレスなんで車の鍵のようにリモコンで開閉可能です。
当然2階リビングの親機からも開閉操作が可能となっております。




まだまだ続くぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。