『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※注意※

本ブログは、あなたに対して何も保証しません。
本ブログの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ブログを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。
利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
あなたの適用される法令に照らして、本ブログの利用が合法であることを保証しません。
コンテンツとして提供する全ての文章、画像、音声情報について、内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。
リンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
事前の予告無く、コンテンツの提供を中止する可能性があります。




過去の記事はこちら↓

マニュアル車のRX-8(H15.04~H16.08 イモビライザー無し車)にエンジンスターターを取り付ける。

【エンジンスターターとは? 使用する際の注意事項は?】
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-48.html 

【エンジンスターター 商品選定編】
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-49.html

【商品本体/ハーネスの詳細画像付き解説編】
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-50.html

【取り付けⅠ ニュートラル信号の取出し】
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-53.html


DIYでマニュアル車にエンジンスターターを取り付けるには「自分で責任を取る覚悟」が必要です。
最悪の場合予期しない操作、動きで死亡事故を発生させてしまいます。
その辺は皆さん理解していると思いますが私も基本的に「質問に答える」と言う事は出来ませんし責任も持てません。
私の知りうる限りの情報は記事中で全て書いて行きますのでそれでもなお疑問点がある場合は各自でお調べください。
つーか自分で調べる事が出来ないぐらいならエンスタ取り付けDIYなんてすべきじゃないッスよ、マジで。



車種別専用ハーネスを取り付ける。

今回は車内側の配線を行います。まずは車種別ハーネスの取り付けです。
最初にステアリング下のカバーを外します。
DSC00359_R1.jpg
この部分。

上部を手前に引っ張るとボコッと外れます。で、右画像のようにプラーンとなるのでこれを引っ張って取り外します。
DSC00361_R1.jpg DSC00413_R1.jpg

そしたら次はその上のカバーを外します。これは下側から撮った画像。
画像上部がステアリングです。
DSC00363_R1.jpg
赤丸部はプラスネジで固定されていますのでネジを外します。
手前の2個と奥側のネジでは種類が違うので組み付け時に間違えないように注意!
ネジが外し終わったら黄丸部分のテレスコレバーをフリーの位置にしておきましょう。(そうしないと引っかかってカバーが外せない)

後は上下で二分割されているカバーを優しく割ってやります。(下側に引っ張ればおk)
DSC00364_R1.jpg

こちらはカバーの右側。
DSC00366_R1.jpg
赤丸部はキーシリンダー用のイルミネーション配線があるのでぶっちぎらないように注意!

いよいよ純正ハーネスを外して、間に車種別ハーネスを割り込ませます。
DSC00370_R1.jpg DSC00369_R1.jpg
こちらはキーシリンダーを真下から見た状態。取り外すハーネスは赤丸部分。右画像は少し寄った画像です。

はい、外れました。
DSC00371_R1.jpg

しかしこのコネクター部分はちょっと特殊。
DSC00372_R1.jpg
このように最初に赤いツメを引き出してからでないと青丸のツメ部分を押し込めない構造です。
「引き抜いて押し込む」で、引っ張れば外れます。

分かりづらいですがあっという間に取り付け完了です。
DSC00374_R1.jpg
当然ですがカプラーオンです。簡単にくっ付きます。
当然車種別ハーネスの方のロック機構も純正ハーネスと同じですので取り付け後にはきちんと赤いスライドする部分を押し込んでおいてくださいネ!



クラッチスタートシステムのキャンセル。

なんか響きが仰々しいですがそんなに難しい事ではないです。
そもそも「クラッチスタートシステムって何?」って話ですがこれは殆どの方が知ってますよね。
以前の記事でもお話ししたように、最近の車はクラッチを踏み込んでいないとエンジンが掛からない機構の取り付けが義務付けられています。
ギアが入っている場合の誤発進を防ぐ機能です。
別にこれを外したからと言って法律違反なんかにはならないんですけどね。

しかしこの機構が生きているとどうしてもエンスタを使用する事は出来ません。
なのでこの機構を殺します。

いきなりですがこれはクラッチペダルの根本を下側から撮った画像。
DSC00410_R1.jpg
非常に入り組んでいて分かりづらいんですが黄丸の中の白い棒がクラッチスタートシステム(セーフティーインターロック)のスイッチです。
クラッチを踏むと押し込まれ通電します。
この根本にあるカプラーを外し2本有る配線を常時短絡させればそれでOKです。
しかしここで注意!
赤い四角の部分、ここにも似たような黒い棒状のスイッチがありますがこれは「クラッチスイッチ」
似たような名前ですが全然違うもので、このスイッチの信号は直でECUに送られています。

エンジンに対して「今クラッチ繋がってるよ! あ、今離れたよ!」って信号を送っているんですね。
その信号を頼りにECUは各種補正を行っているので間違えてこのスイッチを常時短絡させようものなら最悪エンジンが物故割れます。
当然、クラッチスタートも解除されないので間違えて繋いでもエンジン始動時に気づくはずですけどね・・・。

私の場合はこのようにクラッチスタートスイッチの配線をギボシで延長して以前製作したルーフのミサイルスイッチに接続しています。
DSC00412_R1.jpg DSC00412_R1.jpg

はい、これでクラッチを踏んでいなくともエンジンの始動が可能となる環境が整いました。



本体動作テスト。

各配線を完了する前に、とりあえず本体が正常に作動するかテストします。
本体にアンテナと温度センサーを取り付け、本体側面のディップスイッチを設定します。
DSC00377_R1.jpg
私の場合は、
パーキング検出   →する
フット/PN切り替え →フット
IG2制御       →通常
スターターカット   →する
グロータイム     →5秒

です。

そしたらエンスタ本体側から出ているアース線を適当なアースの取れるところに接続。
この画像ではシフトレバー後方のボルトに共締めしてアースを取っています。
DSC00378_R1.jpg
同じく、安全コードのサイドブレーキ接続線(橙色)をボディーアースします。
※注意※ この画像では紫色のフットブレーキ接続線がボディーアースされていますので実際に作業される際は間違えないで下さい

で、エンスタリモコンのスタートボタンを押すと・・・
DSC00379_R1.jpg
5秒のグロータイムと1秒のクランキングを経てあっさりと始動・・・。簡単すぎて拍子抜けです。

残りアイドリング時間、車内温度、
DSC00380_R1.jpg DSC00381_R1.jpg

バッテリー電圧チェック機能も完璧です。
DSC00382_R1.jpg

良いですか?
この状態で作業をやめたら駄目ですよ!!
きちんと各種安全コードを接続し終わるまではエンスタを使用しないでください。




エンスタ本体が問題無く作動する事を確認したので、
次回はアンテナをダッシュボードに設置し本体を固定。
そしてキーレスドアロックの配線を行いましょう。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。