『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の関連記事はこちら↓

けいやく!
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-257.html

間取り計画。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-266.html

外観と地盤補強工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-269.html

基礎、配筋工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

躯体工事。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-274.html

ペントハウス撮影。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-272.html

小さい屋根 そして旭化成の営業さんの話。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-276.html

水槽部屋とかリビングのテレビとかガラス張りの風呂とか。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-277.html

玄関とか電子錠とか給水ヘッダー。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-278.html

寝室とか子供部屋とか。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-280.html




いつの間にか外壁塗装が終わってた。


ヘーベル版の塗装回数は3回です。
なんでそんなに塗るのかというと、やはり防水のため。
ALCって軽石みたいな発泡コンクリートなんで水が染み込みやすいんですね。
その為断熱や騒音軽減、調湿にはもってこいなんですけど、水濡れにはほんと弱いんです。

そんな感じでまずは最初に工場出荷時のプレコート。
その後現場で躯体を組み立て目地の防水シーリング、その後2回に分けて塗装を行います。
工場出荷時のプレコートはヘーベル版表面の気泡をある程度塞ぐため+中塗の食いつきを良くするため。
その後の2回の塗装で水が染みこんでしまうような気泡は全て塗りつぶされます。

詳しく書くと糞長くなるんで適当にググッて下さい。


で、まずは工場出荷状態の塗装。
DSC00605_R.jpg
表面にまだブツブツがありますね。ここから水を吸ってしまうんです。
未塗装状態だともっとブツブツしてます。


欠けてる部分を見ると分かりやすいです。
DSC00563_R.jpg
未塗装のALCは白っぽいんですが工場塗装はグレーなんですね。


組立中に付く傷。
DSC00321_R.jpg
躯体工事が終わるとこれを補修します。


分かりづらいですけどこんな感じ。
DSC01355_R.jpg
旭化成建材のサンモルCとか言うプレミックス軽量モルタルらしいです。


ちなみに旭化成はどの現場にもこんな箱を置いてます。
DSC01387_R.jpg
保安ボックスってやつ。


これを開けると…
DSC01388_R.jpg
(結局一回も使わなかった)見学者用のメットとか応急処置用の包帯とか色々入ってるんですけど、


何故かこの中にありました、サンモルC
DSC01391_R.jpg


んで躯体組み立てが終わると同時に現場にこんなのが届きます。
DSC00241_R.jpg


中身はオート化学工業株式会社のオートンウェルシールっていう旭化成特注のシーリング材。
DSC00240_R.jpg
几帳面にバケツの一つ一つにシリアルナンバーが振られています。


こっちの銀色のは…
DSC00242_R.jpg


オートンウェルプライマーっと言うシーリングの下地材。
DSC00251_R.jpg
これを(多分アルコールかなんかで希釈して)シーリングをするところに塗布して
その後シーリングになります。


目地の間とか配線の引き込み口をこんな感じに。
DSC01450_R.jpg
目地からはみ出してる青色のが下地のプライマーです。
塗り忘れを発見しやすいように着色してるんだとか。



屋上腰壁の手すり取り付け部分も。
DSC01461_R.jpg


電線を引き込む碍子取付金具も。
DSC01459_R.jpg

ちなみにこのシーリングってのがなかなか癖もんなんですよ。
長期間太陽光に曝されると紫外線やら熱やらの影響を受けて硬化しちゃうんです。
硬くなると柔軟性が失われてシーリングとしても役目を果たしません。
ひび割れたらそこから雨水が侵入しちゃいますから。
そんな感じなんで通常は10年も持てばいい方じゃないでしょうか?
それを過ぎたら新規にシーリングの打ち増しか、全部綺麗に剥がして打ち直しです。
再塗装を含めると費用は200~300万とかそれ以上。(作業足場組立代含)
以前のヘーベルハウスもみんなそうしていたようです。
10年ごとに…。


でも今は30年の超耐候性を手に入れた!!  らしいですよ? 


ほんとに30年も持ってくれればいいんですけどね…。


それが終わると藤倉化成株式会社のマチエールバインダー。
DSC02046_R.jpg
これは本塗装の下地材(中塗)で現場吹き付けです。
なんか旭化成の特注らしく防水シーリングへの浸透具合まで調整されてるらしいです。

ちなみに気づいた時には仕上げ塗装が終わっちゃってたのでこの中塗塗装完了時の写真は撮れませんでした…。


んで、これが仕上げ塗装用の塗料。
DSC02045_R.jpg
こちらも数年前から導入された30年という長期間の耐候性を実現してる新塗料、セラミトーンマチエール。
うちはシャギーグレーっていう色を選びました。


塗り終わるとこんな感じ。
DSC02044_R.jpg
塗装表面に結構凹凸が出るんですよ。割石調っぽく。


ホワイトバランスを変えてもう一枚。
DSC02007_R.jpg
よく見るといろんな色が混じってます。
基本的にグレーなんですけど白とか黒とか青とか赤とかいろんな粒子が混じってる感じです。
ここまでくるともうピンク色のシーリングがどこにあったのか全然分かりません。
指で押すとブニブニする所がシーリングのとこ、って感じです。


外壁も、
DSC02005_R.jpg
(この画像は屋上腰壁から真下を撮影してます)


屋上のペントハウスも、
DSC02001_R.jpg DSC02000_R.jpg


腰壁も、
DSC02008_R.jpg
綺麗に塗られました。


窓やドアなんかは塗装がかからないようにマスキングされてるんですが、
DSC02043_R.jpg
鍵穴のところには穴が開いてましたw




次回はまた室内を見て行きましょう。
DSC02004_R.jpg

関連記事
この記事へのコメント
外壁かっこいいぃぃ
屋上って憧れるわ
2011/09/29(木) 09:18 | URL | macaron115 #JalddpaA[ 編集]
「屋上なんかすぐ使わなくなりますよ」って言われてるけど
うちは絶対使い続けると思うのよね…。
庭だとどう頑張ってもプライバシー確保が難しいし。
誰の目線もない開かれた空間とかマジやべぇ。
マカロンちゃんも是非!
目が飛び出るほど高いもんでもないし眺めいいし絶対お勧めっすよ。
2011/10/09(日) 23:03 | URL | namazu-r #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/08/08(木) 18:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。