『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう、DSC-H7 こんにちは、DSC-HX1

今から約3年ほど前、DSC-H7がやってきた。 (当時の記事はこちら)
DSC03068_R1.jpg DSC03069_R1.jpg

私は皆さんご存じのように「片せない」性格です。
めんどくさがり屋なんでカメラなんかも部屋のその辺にゴロンと転がしていたりします。
DSC03075_R1.jpg
って訳で一眼なんかとてもとても買えません。間違い無くレンズ交換時にホコリ入れちゃうと思うしw
しかも交換レンズ1本だけで数万とか・・・流石にちょっと・・・ねぇ?
主にこのブログのアップ用にしか使ってないですし。
ですからこの高倍率ズーム機であるDSC-Hシリーズは私にとても都合の良いカメラだったんです。
200911120437_R1.jpg

最近は薄型でコンパクトなカメラが一般的には主流ですがそれはそれで機能や画質が糞ですからね。
って訳でこの度はHシリーズの正常進化版、【DSC-HX1】を購入しました。
200911102346_R1.jpg
届くのは明日以降ですけどね。



まずはこれをご覧頂きたい。

Official Video: Sony Cyber-shot DSC-HX1


いや正直ね、これの発売がアナウンスされた今年の頭から気になってたんですよ。
で、この動画が公開されてマジで衝撃受けた。
もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ↓

世界初、歪みのないフル画像サイズで秒間10枚の高速連写と最大224度のパノラマ撮影を実現した『DSC-HX1』発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200903/09-0325/

コイツの凄いところは同じSONYのデジタル一眼、『α』シリーズと同一の画像処理エンジン「BIONZ」を積んでるとこですね。
そして連射機能をウリにしてる糞デジカメに良くありがちな電子シャッターを使わずにちゃんとメカニカルシャッターを搭載しているところ!
そのスピードも凄いですよ、秒間10枚ですからw

そして、多分これは数あるデジカメの中でも最強の機能だと思うんですが「手持ち夜景モード」を搭載しているんです!
詳しくは上のリンクで見て頂きたいんですが1回シャッターボタンを押すだけで6枚の連射を行い、
それを重ね合わせて1枚の画像に仕上げてくれるんですよ。
そうする事でバカみたいにISO感度を上げすぎでノイズが乗りまくる事も、
シャッタースピードが長すぎて画像がぶれてしまう事もなくなるって言う神機能・・・。
三脚無しでこんなのが撮れるとかどういう事だよHX1www
475840_m.jpg 475845_m_R1.jpg
(両画像はブログにアップする為大幅に画像データを圧縮しています)

他にも1080/30PのHD動画も記録出来ますし、パノラマ画像の撮影も可能。
液晶も上下共に90度と大きくチルトさせる事が可能だし夢が広がるわ・・・。

つーかなによりもね、上に貼ってある動画(PV)の構成が格好良すぎるwww
バックのBGMとかすげー低音効いてて超かっけーんだけど。

さて、以外と長期間頑張ってくれたDSC-H7でしたがDSC-HX1はどれぐらい頑張ってくれますかね。
期待しています。

【新製品レビュー】ソニー「サイバーショットDSC-HX1」 「Exmor」センサーやGレンズを搭載する高速連写機
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2009/04/02/10604.html
関連記事
この記事へのコメント
買い替えるなら前のカメラをおくれ!
2009/11/11(水) 02:41 | URL | おの人 #r6KO0TyE[ 編集]
残念!
DSC-H7は妹夫婦の所に里子に出てしまいます・・・。
つーか現行機でも2万もあれば買えるんだから
車乗り換えたらS13を売ってその金で買うべき!!
2009/11/12(木) 04:47 | URL | 既婚緊急◆namazu-r #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。