『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
2011/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/08
☆お知らせ☆

お家を建てました

490063279_R.jpg

祝!2012年新築&引越し記念CG!!
powered by まゆげちゃん ←マジ神絵師

画面解像度 1920×1200推奨。
各カテゴリーへの移動は左側からどうぞ。

↓各種RX-8ネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事  ★【RX-8】 オーディオ記事  ★【RX-8】 内外自家塗装

ここ数ヶ月分の記事は一覧に反映できてないんで直接第1章内のカテゴリー又は第2章内のカテゴリーに飛んでください。


↓新型(BL3FW)MSアクセラネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【MSアクセラ】 各種整備記事

【MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章】への移動はこちらから→ http://namazur.blog46.fc2.com/


ブログランキング参加中!下の画像を押すと幸せになれます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の関連記事↓

家を買うと金銭感覚がおかしくなる典型的な例。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html

SONYのデジタル一眼 【α55 SLT-A55VY ダブルズームレンズキット】 レビュー
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-271.html




それでは前回の続きです。


テラスのプランターに生えてた草。
DSC00171_R.jpg
撮ってる時は気づかなかったけど画像見てみたらアブラムシだらけだったっていう…。


愛車のタイヤに付いてたなんか糞でけぇ蛾。
DSC00286_R.jpg
慌てて撮ったらブレてた。
よく見ると背中に産卵したての卵が一粒ついちゃってるのがポイント。


ジャパンネットバンクから送られて来た更新用のトークン。
DSC00619_R.jpg DSC00620_R.jpg
接写で撮るとホコリだらけだな、っていう。




水槽編。


寝てるクラウンローチ。
DSC00809_R.jpg
常時寝てる。


以前記事にしたブッシープレコの稚魚。
DSC01095_R.jpg DSC00442_R.jpg

DSC00416_R.jpg DSC00431_R.jpg
これで生後2ヶ月程度。父:ホワイトスポットブッシー 母:アルビノロングフィンブッシー
稚魚達は通常フィンとハーフフィンっぽいのが混ざってる感じです。


オレンジフィンカイザープレコさん。
DSC00517_R.jpg
どことなくN700系


カージナルテトラさん。
DSC00145_R.jpg
普通のネオンテトラよりお腹の赤ラインが太く、生体の販売価格も微妙に高い。


ブルーアイゴールデンブッシープレコさん。
DSC00256_R.jpg
ヒゲフサフサ。


紅白ソードさん。(メス)
DSC00011_R.jpg
お腹の黄色い部分は無精卵です。
この後交尾して卵が成熟、卵胎生なので孵化した状態で産み落とします。


紅白ソード稚魚。
DSC00124_R.jpg
現在隔離容器で数十匹が遊泳中。


☆になった紅白ソードさん。
DSC06692_R.jpg
うちの水槽で☆になった子は基本水槽外に出しません。
みんなで弔い合戦です。(特にガラ・ルファさんの活躍による)
最近流行りの透明骨格標本のよう…。


そのガラ・ルファさん。
DSC00543_R.jpg
人間の手や足の角質を食べてくれることで有名なドクターフィッシュです。
全部で5匹。買ってきた時は2.3センチ程度だったのに今ではこんなにふとましく…。
あまり有名ではないですけどコケ取り魚としては抜群の性能なんでオススメです。


ヤマトヌマエビさん。
DSC00133_R.jpg
普段はフィルターに密生しててちょっとキモい。


バルーンアピストさん。(メス)
DSC00150_R.jpg
口をあんぐりしてる決定的瞬間。


コリドラスパンダさん。泳ぎ方がチラチラチラッて感じでかわいい。
DSC00154_R.jpg DSC01288_R.jpg
嫁は最初こいつらが一斉に底砂をモフモフしてるのを熱帯魚店で見て「キモい!」って言ってたのに
今は一番のお気に入りっていう…。


チラッ。
DSC00403_R.jpg
ちなみにパンダさんが乗っかってる四角い奴はダイソーに売ってた香炉。
魚たちの隠れ家に丁度いいんで見つけたら是非購入してみてください。(100円だし)


アピストグラマ・カカトイデス・トリプルレッドさん。←なげぇ (メス)
DSC00815_R.jpg
繁殖期なんで綺麗に真っ黄色です。


コリドラス・ジュリーちゃん。
DSC00936_R.jpg
縞々がカッコイイ。



おうち編。


レベリング前の屋上床ヘーベル版。
DSC01137_R.jpg
厚みは100ミリ。(ちなみに外壁用ヘーベル版の厚さは70ミリ)
この後この溝にモルタルが流し込まれ1枚床になります。
更にその後はネオマフォームを2段重ねの上にポリスチレンフォームと不燃板、
高分子系シートで断熱も防水も完璧
です。

しかし耐候性能が次第に弱ってくるので30年後には屋上防水シートの貼り増しと外壁の再シーリング、再塗装が必要になります。
その費用は一般的なサイズの住宅で400万円ほど…。

メンテナンス費用をこんなに大々的に公開してるのは大手でもヘーベルハウスぐらいですが
30年後に「400万」って言われるとやっぱり高いですよねw
建てる時も建てた後も金が掛かる家です…。


ヘーベルハウスでは標準装備されている極低降伏点鋼
DSC00325_R.jpg DSC00339_R.jpg
全ての壁に入っているので数十個どころじゃないです。数えてませんが1軒の家に数百個ってレベルで入ってます。
いざという時はこいつらが地震の揺れによる力を熱に変えて発散させるんですね。
制震ビルの床面に設置されている鉛ダンパーと同じ原理です。(極低降伏点鋼は鉛ではないようですが)
何十回大きな揺れが来ようが伸びる心配も交換の必要もありません。
普通の鉄筋筋交いだと一発伸びたら終わりなんでそれと比較すると頼もしいですね。
極低降伏点鋼が地震の揺れを熱エネルギーに変換している動画はこちら


1階のトイレの窓。
DSC00613_R.jpg
営業から全然話が無かったんですけど1階の窓はトイレ用の小窓も含め、
全てがAGC旭硝子の防犯窓になってます。
高い防犯性能を持つ合わせガラス<ラミセーフセキュリティー>の間に乾燥空気を満たした複層合わせガラスです。
<サンバランスセキュリティー>(ラミセーフセキュリティー)は官民合同会議の定める「防犯性能の高い建物部品目録」に該当する製品らしいです。
更に北側以外は高い遮熱、断熱性能と紫外線(UV)カット機能を持つLow-Eガラスになってます。

ちなみに普通の窓ガラスに衝撃を加えるとこうなります(動画)が…、
フィルム入りの合せガラスではこう(動画)です。
ガラス割られると高くつきそうなので泥棒さんはこのステッカー見たら諦めて下さい…。
9644bec2100e6ec8d9d324863b684c1f.jpg


屋上のペントハウス。
DSC01219_R.jpg DSC01227_R.jpg
この画像はまだ躯体工事中の物なのでシーリングも未施工です。ドアの反対側にもドアと同じ大きさの窓が入っておりペントハウス内はかなり明るい。


ちなみにこの屋上ドア…。
DSC01244_R.jpg
屋上のくせにダブルロック…だと…?!


しかもこんな感じで防犯対策のために先端部分が鎌状になっている鎌付デッドボルト仕様…。
DSC01242_R.jpg DSC01243_R.jpg
どうも過去にヘーベルハウスの屋上からの侵入を狙った泥棒さんが居たようですね。
現在はこんな感じに対策されているんでウチには来ないで下さい…。


「このソラ、俺の貸切なんだぜ?」って言うためだけに撮った写真。
DSC01224_R.jpg
果たしてこの家でどんなドラマが展開されていくんでしょうか。
6億円あたんねーかな…。



番外編。


α55のピクチャーエフェクト機能
DSC00438_R.jpg
これPCで画像をいじったんじゃなく、一眼側の機能。
R/G/B/Yの特定の色のみを残して後はモノクロ処理してくれるんです。
凄くないですか?
この画像はやっつけですが上手いこと使ってやれば良い写真が撮れそうです。


DSC-HX1の最大望遠で撮った月。
DSC06662_R.jpg
コンデジでここまで撮れるって凄くない?
この画像はブログ用にかなり小さくリサイズしちゃってるんですが
元画像は拡大しても小さいクレーターの一個一個がハッキリ見えて凄いです。


こんなですよ、こんな。
月拡大_R
しかもこれ、手持ち撮影ですからね?マジで。
すげぇ…。



って感じです。

次回は新居で使うために購入した壁付け電動テレビ台のレビューでもしてみましょう。
以前の記事はこちら↓

家を買うと金銭感覚がおかしくなる典型的な例。
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-270.html




【α55 SLT-A55VY ダブルズームレンズキット】 と、その他諸々…。

DSC06713_R.jpg


まずは開梱しましょう。
DSC06717_R.jpg DSC06718_R.jpg


中身はこんな感じです。
DSC06720_R.jpg DSC06722_R.jpg
α55のボディー【SLT-A55V】と、【SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855】
そして、【SONY DT 55-200mm F4-5.6 SAM SAL55200-2】のセットです。


ボディーキャップを取り外してみました。
DSC06724_R.jpg
中にトランスルーセントミラーが見えます。
今までデジイチを使っていたのでホコリなんかに無頓着でしたけど
一眼を使うとなるとちょっと気を付けなければいけなくなりますね…。


こちらは【SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855】
DSC06723_R.jpg
ちなみにこいつ、レンズリアキャップが物凄くショボイですw
気になる方は【レンズリヤキャップ ALC-R55】をお買い求めください。
¥500程度なら最初から付けてくれればいいのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
リアキャップが無いぐらいなんで当然レンズフードも付属していません。
こちらの【ALC-SH108】を後日購入予定です。


こちらは【SONY DT 55-200mm F4-5.6 SAM SAL55200-2】
DSC06728_R.jpg DSC06729_R.jpg
DSC-H7に付属していた大げさな花形フードと比べれば大したことはありません。 (関連記事:SONY Cyber-shot DSC-H7 レビュー)




PQI 【BSDH10-32G】(32GB/Class10)

DSC06714_R.jpg
SONYも最近はようやくメモリースティック縛りをやめてくれたので安心してSDHCカードを買えました。

今までショッボイSDカードしか使ってなかったんですけど、Class10って記録速度も転送速度も速いんですねぇ…。
α55で秒間10枚連写しても全く気にならないですよw
値段は大して変わらないんで絶対Class10を買った方が良いですね。




そして予備の【SONY NP-FW50 互換バッテリー】を3本。

DSC06715_R.jpg
デジイチは結構電気食うんですよ。今まで使ってたDSC-HX1でさえ物凄く燃費悪くて困ってましたから…。
って事でα55の購入前から予備バッテリーの購入を考えていたんですが、
純正の交換バッテリーは1本で¥6,000以上…。
たけぇよwww

そんな訳で情強の間で最近流行りの『互換バッテリー』です。
一昔前の互換バッテリーは過充電防止機構などが省かれていて色々不具合があったようです。
爆発まで行かなくても発熱や液漏れなど…。
しかし最近はそれらを防止する為安全対策も以前とは比べ物にならないぐらい充実しています。


しかも価格は1本¥1,280


安すぎだろwww
純正バッテリー1本の価格で4本買えるとかwww

しかしですね、SONYもバカじゃないんで最近は「社外バッテリー対策」が進んでいます。
α55にも対策が施されており、一部社外バッテリーでは動作してくれないようです。
そんな事もあって少し不安だったんですが私が購入した販売店のバッテリーはα55でも問題なく動作しました。
純正バッテリーと比較してα55の動作時間が短くなるといったこともなく、バッテリー残量もきちんとパーセント単位で表示してくれます。
これは是非おすすめですね。(ただ耐久性に付いては長期間使用してみないと分からないですけどね…)
DSC06716_R.jpg 


左が互換バッテリー、右がα55に付属している純正バッテリーです。
DSC06721_R.jpg


是非購入してみて付属してくるバッテリーの使用説明書を読んで大爆笑してくださいw
DSC01193_R.jpg




そしてこれらを一括して持ち運びできるソフトキャリングケース【LCS-SC5】

DSC00209_R.jpg
こちらのブログで詳しく解説されているのでご覧になってみてください。
雨が降ってきた際に機材を保護する為のレインカバーまで収納されているスグレモノです。

当初は【LCS-SC5】よりも容量のある【LCS-SC20】を購入しようと思っていたんですが
結構サイズが大きくかさばりそうなのでサイズダウンしました。
それでも収納力はかなりの物なのでこれもおすすめですね。




って訳で…。


次回はα55と付属純正ズームレンズで撮った写真をお見せしていきましょう…。
DSC01191_R.jpg

関連記事
新居への引越しはまだまだ先なんだけど色々買い始めた。


ども、久しぶりです。
家の工事も順調に進んでいて以前に比べると随分精神的にも肉体的にも暇になってきました。


実家解体後、こんな感じの更地だった土地にも…
DSC06462_R.jpg


いつの間にか太い配筋が並び…
DSC06494_R.jpg
(ちなみにこの主筋の太さは直径22ミリです。オーバースペックにもほどがあるだろ…。)


深基礎の型枠が並んでました。
DSC06519_R.jpg DSC06534_R.jpg
ウチはガレージと家の高さが同一レベルにはないのでこんな構造になってるんです。
この深基礎、元はと言えば土留めの費用より安く上げる為に営業が提案してきたんですが
こんな2段の深基礎にするくらいなら普通の土留めの方が絶対安いと思うんですが…。
どうなんスかね、営業さん。




そんなこんなで…


一生掛かって返していくような金額の買い物をすると
色々と金銭感覚が麻痺してきます。
その典型的な例が今回です。
DSC06701_R.jpg


まずは熱帯魚用品関係。
DSC06702_R.jpg
左の【スタンダード・ネオ】ってのは熱帯魚用の大型浄水器です。
今まではカルキ(塩素)抜きの為に人間用の浄水器を通した水を水槽に使っていましたが
新居では「熱帯魚様専用浄水器」を設置する予定です。(予定っつってももう買っちゃったけど…)
具体的な詳細レビューや設置方法なんかは引っ越してから書こうと思います。

他には水槽照明自動コントロール用の【アクアクロック デュアルタイマー】やら、ヒーターやら逆サーモやら…。
これもそのうち詳しくやっていこうと思います。(どうせ開封は引っ越し後なんで)


そしてこちら。
DSC06708_R.jpg


中身は水深5メートル1時間防水で有名なSONY Cyber-Shot【DSC-TX10】(初の嫁専用デジカメ)と、
DSC06709_R.jpg


同じくSONYのデジタル一眼カメラ【α55】の解説本、
【SONYα55/33オーナーズガイド】です。
DSC06710_R.jpg


え?
お前デジイチ持ってないだろって?

はい、その通りなんですよ。
今までずっと【DSC-HX1】っていうコンデジを使っていたんですが…、(購入時の記事はこちら)


実はとうとうウチの財務省の許可が下りまして…
DSC06712_R.jpg



【SONY SLT-A55VY α55 ダブルズームキット】買っちゃったwww

DSC06713_R.jpg


「なんでCanonじゃなくてソニーの一眼を?」と思った一眼に詳しいあなたはここを是非読んでみるべき↓

「α55」AF追従駆動で秒間10コマという高速連写
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1011/15/news033.html



詳しくない方の為に解説すると、この「秒間10コマ連写」ってスペックは高額のプロ用カメラに匹敵するんです。
一眼でメジャーなCanonの場合だと【EOS-1D Mark III】って機種がそれに当たるんですが

価格は40万円…。 しかも「カメラ本体だけ」でレンズを別途購入しなければなりません。

とても手が届きませんよねw

それが【SONY SLT-A55VY α55 ダブルズームキット】なら望遠レンズが2本付いて7万円程度とかなりお手頃。
普通に旅行の時に写真撮るどころか、子どもの運動会なんかもラクに処理してくれる性能を有しています。

なのに安い理由は何と言っても世界初の「トランスルーセントミラーテクノロジー」を搭載したからでしょうか。
今流行のミラーレス一眼とも違うこのシステムはかなり斬新です。

このブログでダラダラ書いてもしょうがないので詳しくはグーグル先生に聞いてみてください。
参考になる記事も置いておきます。

上位機種ユーザーも思わずうなる! ソニー「α55」のあなどれない性能とは?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100922/1033157/

ソニー、α55 実写インプレッション
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/11/17/a55/index.html

α55・33 ファーストインプレッション
http://www.colortec.jp/contents/camera/slt-a55v_info1.htm

ソニーα55 長期リアルタイムレポート
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20100910_392686.html






んじゃ今回はこれぐらいにして中身の詳細は次回にするとしましょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。