『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09
☆お知らせ☆

お家を建てました

490063279_R.jpg

祝!2012年新築&引越し記念CG!!
powered by まゆげちゃん ←マジ神絵師

画面解像度 1920×1200推奨。
各カテゴリーへの移動は左側からどうぞ。

↓各種RX-8ネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事  ★【RX-8】 オーディオ記事  ★【RX-8】 内外自家塗装

ここ数ヶ月分の記事は一覧に反映できてないんで直接第1章内のカテゴリー又は第2章内のカテゴリーに飛んでください。


↓新型(BL3FW)MSアクセラネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【MSアクセラ】 各種整備記事

【MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章】への移動はこちらから→ http://namazur.blog46.fc2.com/


ブログランキング参加中!下の画像を押すと幸せになれます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連記事はこちら↓

賃貸物件に備え付けのエアコンが壊れたらどうする?
http://namazr.blog53.fc2.com/blog-entry-230.html




※注意※


一般住宅のコンセント交換や電圧切り替えには第二種電気工事士の資格が必要となります。

電気の基本を知らない素人が手出しをすると感電、短絡、火災等の災害をおこす危険があります。

資格を持っていない方はくれぐれも自分で工事を行わずに業者に頼むようお願い致します。

無資格工事は法律に違反する事となります。




※警告※

本ブログは、あなたに対して何も保証しません。
本ブログの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ブログを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。
利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
あなたの適用される法令に照らして、本ブログの利用が合法であることを保証しません。
コンテンツとして提供する全ての文章、画像、音声情報について、
内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。
リンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
事前の予告無く、コンテンツの提供を中止する可能性があります。




100ボルトでも人は死ぬ。


はい、久しぶりに物々しい雰囲気で始まりました今回の記事。
なんでこんなに警告するかと言いますとね・・・、

簡単なんですよこの工事。

小学生でも出来てしまうぐらいに簡単なんです。
だからこそ、「電気の事をよく知らない一般人」が手を出すと色んな意味で大やけどしてしまうんです。
自分が大やけどする分には良いですが、
感電して死亡したり、
ケーブルやコンセントが発火して周辺住民の方々に多大な損害を与えてしまう可能性もある訳です。


もう一度言っておきます。
無資格者はこの工事を行わないで下さい。
コンセント交換代金の2.3千円で安全が買えるなら安いものです、業者さんにお願いしましょう。

ほら、猿に核ミサイルの発射ボタン持たせたら
猿はその危険性も知らずにボタン押しちゃいますよね?
素人さんの電気工事はその可能性を多分に含んでいると言う事です。

ですから無資格者の方はこの記事を「情報」としてだけ取り扱って下さい。
実践禁止です。

「どうしても自分でやりたい!!」と言う方はこちらをどうぞ↓

(財)電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/




200V用コンセントを買いに行こう!


こちらが主に中/大型のエアコンで使用される250V15Aコンセントプラグ。
DSC03915_R1.jpg
嫁のマニキュアがボロボロですが気にしないで下さいw
一見して100Vコンセントとは違う形状です。
もし100Vと200Vを同じ形状にしてしまうと100Vの機器を200Vコンセントに突っ込んでしまい
発煙/発火、物によっては爆発しちゃいますから・・・。
それを防ぐ為にこのような形状にして差別化しているんです。


んで買ってきました。

パナソニック電工 フルカラー15A/20A兼用接地コンセント【WNP 1932MWP】
DSC03927_R1_20100811213253.jpg DSC03928_R1.jpg
ウチのマンションは全室接地(アース)付きのコンセントなので同じ物をチョイス。


しかしよーく見てみると、250V15Aの形状である ̄∩ ̄ではなく、250V20Aですので  ̄∩「 ←なんかこんな感じの形状ですよね。
しかしこれ、実は共用なんです。
今回のエアコンのコセントプラグはどっちのコンセントにも差せるんですね。
そしてウチの宅内配線(VVFケーブル)のCu単線直径が2.0ミリだった事も関係しています。

内線規程という電気配線の規程では1.6ミリの配線の場合、コンセントは15A用までを使用する事となっています。
今回買った20A用のコンセントを取り付ける場合には、2.0mm以上のCu線でなければいけないのです。

簡単な算数です。
V(ボルト「電圧」)×A(アンペア「電流」)=W(ワット「電力」)

250V15Aの場合、最大3,750Wまでの電力が流れます。
250V20Aの場合、最大5,000Wまでの電力が流れます。

つまり、径が1.6ミリのCu単線では3,750Wまでしか流す事が出来ず
それ以上の電力を流すと電線が発熱、最悪発火して溶断します。
しかし径が2.0ミリや2.6ミリ(←IHクッキングヒーターなどに使用)の場合は5,000Wまでなら問題無い訳です。

って訳で、今回は250V20Aコンセントを購入した訳です。
説明ながっ!!



コンセントを交換しよう!


必ず、作業前にやっておく事があります。
まずは該当するコンセントの子ブレーカーがどれなのか探す事。
DSC03941_R1.jpg
子ブレーカーとはこの画像の右側に合計8つ並んでるスイッチの事です。
この中のどの部分がエアコン用子ブレーカーなのか探し出しておく必要があります。(プロは見ただけで分かりますw)
簡単な探し出し方は、

全部の子ブレーカーを開く(切る)

ドライヤーをcool送風にして該当コンセントに繋ぐ

ひとつずつ子ブレーカーを閉じる(入れる)

ブォォォー!!!

せいかい


これならお友達のいないあなたでも簡単に子ブレーカーに対応するコンセントを探し出せます。
んで、その子ブレーカーを開いておきます。閉じっぱなしだと感電しちゃいますからね!!
つーか余裕があるなら左側にある一番大きい主幹ブレーカーを開いておいた方が良いです。
「開いたつもりが閉じていた!」ってのは往々にしてある事ですから・・・。
そしてちゃんと電力供給が絶たれているか、テスターを用いて確認しましょう。
DSC03948_R1.jpg
確認するに越した事はないんです。
自分の命は自分でしか守れません。


こちらが今回交換するコンセント。(たこ足ェ・・・)
DSC03933_R1.jpg
天井が高いので軽く怖いです。


化粧カバーの上部分の隙間にマイナスドライバーをブチ込み、
DSC03934_R1.jpg
軽くコジってパキョッと外します。


化粧カバー裏側の骨組みも、
DSC03935_R1.jpg
プラスドライバーでネジを外して取り去ります。
小さく短いネジなので無くさないように注意!


最後にして最大の難関。コンセントを外します。
DSC03936_R1.jpg
これ、ネジを緩めすぎると壁の中に固定部品が( ^ω^)おっこっちゃいますし、
緩めなさすぎると外れないんで緩め具合を見極めるのが難しいです。
つーか前住んでたボロアパートの倍はあるな、この石膏ボード厚み・・・。

はい、無事外れました。
DSC03937_R1.jpg
右の白い線が0V(いわゆるマイナス)の中立線、左の黒いのが100V(いわゆるプラス)線。
そして下側の緑色の線が接地(いわゆるアース)線です。


左に持っているのが今回交換する200V用コンセント。
DSC03938_R1_20100811222023.jpg
現在100Vコンセントに繋がっている3本の電線をこのまま200Vコンセントに移植します。


電線を外します。
DSC03939_R1_20100811222157.jpg
電線の脇に電線の固定をフリーにするツメがあるので
それをマイナスドライバーで押しつつ電線を引き抜きます。


(この後、分電盤側の200V切り替え工事を同時に行いましたがそれはまた次回)


電線を差し込む。
DSC03955_R1.jpg
電線の状態が良かったのでそのまま加工せず差し込みました。
差し込み口はかぎ爪が付いており一方通行なので、電線が捻れないよう注意しましょう。


後は壁に組み込んで、
DSC03973_R1.jpg
はい、出来上がり。


簡単でしょ?
でも無資格者はマネしちゃ駄目です。
何度も言いますが死んだり燃えたりします。


では次回は分電盤の100V電源を200Vに切り替えてみましょう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。