『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り現在は2型RX-8に、嫁はBLMSアクセラに乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!http://namazr.blog53.fc2.com/?xml
☆お知らせ☆

お家を建てました

490063279_R.jpg

祝!2012年新築&引越し記念CG!!
powered by まゆげちゃん ←マジ神絵師

画面解像度 1920×1200推奨。
各カテゴリーへの移動は左側からどうぞ。

↓各種RX-8ネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事  ★【RX-8】 オーディオ記事  ★【RX-8】 内外自家塗装

ここ数ヶ月分の記事は一覧に反映できてないんで直接第1章内のカテゴリー又は第2章内のカテゴリーに飛んでください。


↓新型(BL3FW)MSアクセラネタへの直接移動は以下からどうぞ↓

★【MSアクセラ】 各種整備記事

【MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章】への移動はこちらから→ http://namazur.blog46.fc2.com/


ブログランキング参加中!下の画像を押すと幸せになれます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の記事はこちら↓

トールボーイスピーカー?
http://namazur.blog46.fc2.com/blog-entry-816.html




って訳で・・・。

冬のボーナスでプラズマテレビを買うからとサラウンド環境の刷新を行ってきた訳ですが、
来年各社から発表される3D対応テレビと例の嫁用MSアクセラ購入(予定)のおかげでプラズマの購入は先送りとなりました・・・。

でもまぁ、って事でとりあえずスピーカーのみ(AVセンターはまた後日)を揃えました。
システムの内容詳細は前回の記事に書いてるんでそちらを参照して下さい。
今回は以下の5本のスピーカーを揃えました。
20070809_345290.jpg



まずは両サイドのトールボーイスピーカー【SS-F6000】から。
DSC01503_R1.jpg DSC01504_R1.jpg
まさかの2本同一梱包w 箱がデカすぎて笑いました。 新居に引っ越してきたばかりだったのでこの頃は物も少ないですね・・・。

スピーカー1本の重量はまさかの12.2キロ! 
DSC01507_R1.jpg
この価格帯でこの重量感・・・素晴らしい。

早速開梱です。何度も言いますがこの価格帯でこの迫力(外形寸法215ミリ×950ミリ×261ミリ)、そして4wayスピーカー・・・。
DSC01516_R1.jpg DSC01517_R1.jpg
インピーダンスは一般的な8Ω 最大出力は180W 音圧レベルは89dB 再生周波数帯域は40-50,000Hzと
「サラウンド入門機」としては全く不自由のないスペックです。(つーかマンションなんかじゃ鳴らしきれない・・・)

一番上にある25mmバランスドーム型トゥイーター。
DSC01519_R1.jpg
25ミリですが結構存在感のある音が出てきます。かと言ってチリチリとうるさい事もなくまさに「絶妙」

その下の80mmコーン型ミッドレンジスピーカー。
DSC01520_R1.jpg
中音域を受け持つ非常に重要なスピーカーです。

そして下の2個が160mmコーン型のウーファーなんですが実はこれ、コーンの素材に違いがあるんです。
DSC01521_R1.jpg DSC01522_R1.jpg

左が上に付いている方のコーン表面接写。右が一番下側のコーン表面です。
DSC01523_R1.jpg DSC01524_R1.jpg
上側は硬質な樹脂系コーンですが下側は柔らかい繊維系コーンなんですよ。手が込んでいるというかなんというか・・・こんな価格帯で利益出るんでしょうか。

何度も言いますが! この価格帯でバナナプラグにも対応してますw
DSC01525_R1.jpg
まぁ、私は持ってないんですけどね、バナナプラグのスピーカーケーブルなんて・・・。

このように背面を見ると流石に安っぽさがあります。
DSC01527_R1.jpg
しかしプリント木目ですが3次元的な物でよく見ると木目が彫り込まれています。

スピーカー前面はこのようにラウンド加工されています。 スタイリッシュ!!
DSC01530_R1.jpg DSC01531_R1.jpg

残念だったのはこの「足」
DSC01534_R1.jpg
内装工事なんかで使われる大型ホッチキスで止めてます。まぁこの価格帯なら・・・と納得してしまう部分もありますがw
これはあれですね、「足にまでこだわるなら自分でDIYしろ!」と言うSONYの心の声と受け取っておきましょう・・・。

付属ケーブルもかなり細くて貧弱なんでドッカンドッカン鳴らしたい方は社外品をお勧めします。
DSC01535_R1.jpg



って事でその後にスピーカーケーブルとリアスピーカー【SS-B1000】を購入。

DSC02081_R1.jpg

スピーカーケーブルは【AUDIO-TECHNICA AT6135 30メートル巻き】を選択。
DSC02083_R1.jpg
軸径1.55ミリ 静電容量:55pF/m 直流抵抗:16.0mΩ/mとセンターからメイン、リアスピーカーにも使い回せます。ウーファーにだって十分の太さでしょう。
でも流石に新居の(って言っても引っ越してそろそろ1年だけど)天井高4メートルの18畳ではリアスピーカーだけで使い切ってしまいました・・・。(しかもギリギリ)

では開梱。
DSC02085_R1.jpg DSC02086_R1.jpg

これもなかなかのもんです。
DSC02089_R1.jpg
25mmのバランスドーム型トゥイーターが1発と、130mmコーン型ウーファーという構成です。
重量は1個で2.9キロ。当然インピーダンスはトールボーイスピーカーと同じく8Ωです。
この価格で170㎜×255㎜×186㎜と言うサイズに2wayスピーカー、そしてバスレフタイプ、ほんとこのシリーズはお買い得ですよ。



更にその後、いよいよ最後となるセンタースピーカー【SS-CN5000】が到着。

これで5本全てのスピーカーが揃いました。 (後ろに写ってるのは塗装前のRX-8の変態エアロですね)
DSC02733_R1.jpg DSC02734_R1.jpg
一番のネックだったセンタースピーカーが到着した事でウチのサラウンド環境は劇的に進化しました。

このスピーカー前方に付いてる着脱可能の網、「サランネット」と言う物なんですが私は基本的にこれを外して使う派なんです。
DSC02735_R1.jpg DSC02736_R1.jpg
しかしこのスピーカーの場合サランネットを外してテレビの上に乗っけると「ロボットの顔」みたいに見えてしまうので現在はサランネットを付けた状態で使用していますw

こちらも中々凝った作りになってまして既にお得意の25mmバランスドーム型トゥイーター+130mmコーン型ウーファー2発という組み合わせです。
当然バスレフ型で8Ω、最大入力は150Wととてもマンションでは全開で鳴らせられる代物ではありませんw
外形寸法は400㎜×170㎜×216㎜ 質量も約4.8kgとズッシリ! それなりのセンタースピーカースタンドを使用してあげましょう。



って感じでスピーカーは全部揃いました。
もう以前の糞ティアックの安物サラウンドシステムなんかと比べるまでもありません、素晴らしいです。
見た目も。
DSC00133_R1.jpg
(この画像の関連記事はこちら)
ケーブル乱雑すぎワロタ

しかもこれだけ揃えても3万5千円程度ってどう思います?
新品ですよ?
しかも無名メーカー製ではなく天下のSONY製品ですよ??
更にそれなりの音響マニア達からも絶賛されていると言う・・・。
もう間違い無く買いでしょう、これは。

今は仕事で忙しく安らげる時間もないのでテレビの音声しか流してませんが
年末はクラシックでも流してのんびりと過ごしたい物ですね・・・。

さぁ、後は3DプラズマテレビとAVセンターですな!!
誰かお勧めのAVセンター教えてください・・・出来れば5万以内で・・・。
カネ無いッス!!
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。